いくつものカードローンを利用してる人が 知っておいた方がいいこと

貸金業法の改正で、年収の1/3を超過する融資を金融業者から受けられなくなってしまいました。
いくつもの金融業者から融資を受けてる人は、現在の借り入れ総額を計算してみて下さい。
そして、金融業者へ150万以上の融資を受ける申請・他の業者と合わせて100万円を超過する融資申請をした場合、収入証明書の提示を要求されます。
この点へは注意して下さい。
可能であれば、借り入れ件数を抑えた方が得をします。
さて、得をするというのは、融資を受けてる金融業者の数が多いほど信用度が低い・多くの金融業者を利用しなければならないのは信用がなくて、利用限度額が低いからという解釈をされてしまうからです。
そうなると、新たに利用申請した金融業者から、警戒されてしまいます。
そして、この点を誤魔化そうと記入しなくても、個人信用情報で明らかになってしまうのです。
ですから、融資を受けられる金融業者を増やす予定のある人は、借り入れ件数を抑える・融資をどうしても受けなければならないのであれば、正確に申告する・収入証明書の提示を求められたら添付する、こういう措置を執ればいいでしょう。
しかし、銀行系のカードローンなら、総量規制の対象には当てはまらないので、他の金融業者から融資を受けていても大丈夫な場合があります。
尚、銀行系の場合は審査が厳しいです。
それに、審査は時間がかかります。
銀行系のカードローンを利用するならば、この2点を覚悟して利用申請して下さい。