カードローンって怖い?

カードローンというのは一度使うとクセになってしまい、そこからズルズルと借金まみれの生活に転がり落ちてしまいそうだから、どんな事があっても絶対に使いたくないと仰る方が、世の中には結構いらっしゃいます。
確かに一部にはそういった方もおられるのは紛れもない事実なのですが、大多数の皆さんがキッチリと利息をなるべく払わずに済むように自分なりのプランをしっかりと立てて利用されておられるので、マスコミなどが必要以上に多重債務に陥る危険性をクローズアップしているために、社会的にカードローンにネガティブなイメージが作り上げられているように感じます。
かく言う僕自身も現在、給料日前などに生活費や交際費が不足してしまった場合には利用して、給料が振り込まれた後にすぐ返済するといった使い方をしていますが、特にマスコミなどで言われているような怖い経験をした事は今までに一度もありませんよ。
そもそも人間というのは防衛本能というのが生まれつき誰にでも備わっていて「コレ以上やってしまうと大変な事になる」と思ってしまうと、いくらそうしようと思っても絶対に出来ないものなのです。
なお僕がコレまでにカードローンを利用して借りた上限額は10万円なのですが、自分の現在の収入を考えるとコレ以上大きな額を借金してしまうと多重債務に陥る危険性が十分あるなと感じてしまいますので、どんなに困っていても10万円以上のお金を借りようとは絶対に思えません。