カードローンと上手に付き合っていく方法。

多くの人が消費者金融系カードローンに対して持つイメージは、数年前まではあまり良いものでは無かったと思います。
しかし、現在はそのイメージは徐々に良い方へと変わってきているのです。
毎日のように流されるテレビCMや、町中でよく見かけるようになった専用のATM機械が、それを如実に表していますね。
また、このイメージ回復の決定的な要因は、平成18年12月20日に可決した、利用する際の借りすぎ防止のための「貸金業法の改正」でしょう。
(ちなみに施行は平成22年6月18日でした。
)グレーゾーン金利の撤廃、上限金利の引下げ、ヤミ金融対策の強化。
中でも年収の3分の1を超える無担保ローンの貸付が禁止された総量規制は、人々の生活にかなり影響を与えたと思います。
たくさんキャッシングしたい人にとっては、この改正は辛いものだったかもしれません。
しかし、借りれるだけ借りたとしても、仮に返済が滞ったときに受けるダメージ(取り立てなどによる精神的苦痛)と比べると、この改正は消費者に取ってメリットが多かったと思います。
この総量規制は、住宅ローンや自動車ローン、銀行系カードローン、ショッピングには適用されないため、多額の借り入れが必要な人は主に銀行カードローンを利用されたのではないか。
ここで、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンを少し比較したいと思います。
まず消費者金融系の方ですが、こちらは審査の基準が緩く、定期的にちゃんと収入がある人なら、主婦や派遣社員でも審査は通るはずです。
審査スピードもとても速く、即日融資可能なのは今では当たり前になってきています。
ただ、貸出金利が銀行のそれと比べると若干高く設定されているのがメリットと言えます。
各社違いはあるとは思いますが、私が某有名消費者金融3社(金利が低いと評判が良い)の平均を出したところ、実質年率6.3%〜17.8%でした。
そして、利息は日割り計算で算出されます。
ですから、このローンを利用する一番賢いや借り方は、「ともかく借りたらできる限り早く返済する。
」に限ります。
例えば、よく給料日前に金欠状態に陥ってしまいがちな人は、給料日ぎりぎりまで耐えて下さい。
そしてもう限界だというところまで待ってからキャッシングするのです。
仮にキャッシングしてから3日後に急いで返済すれば、金利17.8%で50,000円借りたとしても利息はわずか約73円で済みます。
(参考までに計算式は50,000×0.178÷365=73.15・・・円です。
)これなら余裕で返済できるので、チョットしたお金の要り用に最適なのが消費者金融のローンとえ言えます。
一方銀行系ですが、こちらの特徴は金利の安さと審査の厳しさにあります。
金利は大体3.8%〜15.7%ぐらいのようで、その差は歴然です。
また、審査では自営業者には特に厳しく、審査結果が出るまでの時間が長くかかることも多いため、すぐにキャッシングしたい人には不向きなローンと言えます。