カードローンの利用申請する時の注意点

カードローンというのは、利用申請して審査をパスした人だけが利用できます。
審査で一番重要となるのは、申請時の申し込み欄などの記入漏れ・誤字脱字・誤りのないようにすることです。
重要だとわざわざ記載したのは、こういったことで審査をパスできない人がとても多いから、念を押してます。
さて、記入する名前・生年月日は、申請を受けた金融業者が個人信用情報機関で情報を照会する時に、重要となる情報です。
そのため、間違った漢字・脱字があった場合、審査で落とされる場合もあります。
そして、住所・電話番号といった情報も、間違いのないように記入しなければなりません。
ところで、審査ではアパート・借家よりも、持ち家の方が信用度が高いですし、住宅ローンが残ってない方が有利です。
しかし、住宅ローンの場合は、残金があっても大きな影響はないといいます。
また、固定電話のある方が信用されるのです。
ここで重要なのは、見栄をはり欺こうとしないこととなります。
次に、職業では公務員・正社員の方が信用度が高いです。
アルバイト・派遣社員・パートなどだと信用度が低いので、不利なケースが多いものとなります。
それに、在籍確認がありまして、勤務先へは電話をされるのです。
そのため、正確な情報を記入しないと、不都合な場合が多くなります。
それから、勤続年数の項目ですが、できるだけ1年以上あった方がいいのです。
勤続年数が短い場合、転職ばかりしている・収入が安定しないと捉えられて、不利になってしまいます。
以上ですが、これらの点へ気をつければ、審査をパスできないことはまずありません。