カードローンの利用申請の審査で問題となる ブラックリストとは?

カードローンの利用申請をすると、審査があります。
審査はいろいろな基準でなされますが、巷ではブラックリストというのを気にしたりするものです。
そして、自己破産なんかするとブラックリストへ載せられる・返済の延滞を何度もしているとブラックリストへ載せられてしまう、などといった心配をする人もいます。
しかし、ブラックリストというものは存在しません。
前述のような、記録は総て個人信用情報機関へ保管され、金融業者が調べた時に判ってしまう情報なのです。
その、保存される記録というのは、延滞の場合は3ヶ月程・自己破産・債務整理・利用してる金融業者の数・短い期間にいくつもの金融業者へ利用申請した記録などとなります。
そのため、ブラックリストというよりは、ブラック情報といった方が当てはまるといえるでしょう。
さて、リストがないことは判ったのですが、情報が保存されてる期間が問題です。
保存され続けてる間は、どんなに融資を受けたくても審査をパスできないのですから。
では、どれくらいの間保存されてるかですが、自己破産・債務整理の場合は、5~7年です。
でも、場合に拠っては10年間保存されるケースもあります。
そして、延滞・過剰な利用申請は、1年程保存されてるそうです。
ですから、移動情報・金融事故情報が保存されてる期間は、新規のカードローン利用申請をしても審査を通過できません。
それでも、どうしてもカードローンが必要な場合は、個人信用情報開示を求めて改善できる場合もあります。
尚、改善できるかどうかは情報次第ですが、試してみる価値はあるでしょう。