カードローンの審査では勤続年数の長さが重要

カードローンは非常に多くの人に利用されていて、急な出費でお金が必要という場合には非常に便利な手段です。
しかし、誰でも審査に通るというわけではなくて、一定の基準を通った人でないとお金は借りられません。
基本的には安定した収入を期待できて、問題なく毎月返済をしてくれる人なら大丈夫です。
では、そういった人かどうか?をどうやって見分けるのでしょうか?
基本的には1つの仕事に少しでも長く勤めているとそれだけ評価されます。
この場合には業種、職種といったものはあまり関係がなく、
とにかく勤続年数が長いということは、それだけこれまで長く勤めていたことになりますから、
「これからもおそらく同じ仕事を続けるのだろう」と予想できます。
すると、これからも安定した収入を期待できる可能性がより高いということになるのです。
逆に勤続年数が短いと、もしかしたら転職するんじゃないか?その場合には収入が減るんじゃないか?
または退職してしまうんじゃないか?といった不安がカードローンの会社の人間としてもあるわけです。
そういった点で勤続年数が少しでも長いと、そこはちゃんと評価してもらえるということです。
勤続年数が高くて、かつ今の収入が多ければより良いということになりますけど、
どちらかというと、勤続年数の長さの方が評価されやすいと思います。
収入の多さというのも一過性のものであれば、評価されません。
やはりある程度期間の長いものでないと、何事も評価されづらいということです。