カードローンの申請時に必要となる書類の話です

カードローンの利用申請をする場合、申請書の他にもいろいろと書類が必要です。
それは、本人確認書・融資を受けたい限度額に拠っては、収入証明書が要ることになります。
この、本人確認証というのは、運転免許証・パスポートで片付く場合が多いので、事前にコピーを用意するといいでしょう。
それと、健康保険証の提示を要求される場合があり、この書類を確認することで本人がどのような職業であるのか、判別する材料ともされます。
では、健康保険証で何が判るかというと、サラリーマンであれば社会保険証となるからです。
それに、自営業者・アルバイトであれば、殆どの人が国民健康保険へ加入してる場合が多いから、そういう判断ができます。
ところで、中小企業の経営者・役員の場合、健康保険証の社員番号などから役職が判ってしまえば、金融業者へお金の使い道が事業資金に使うのではないかと疑われてしまうという説があるようですが、真偽は明らかではありません。
また、金融業者へ50万円以上の融資限度額設定を申請すると、収入証明書の提示を要求される場合が殆どです。
その書類は、源泉徴収票・給与明細書・納税証明書・税額通知書・確定申告書・所得証明書のいずれかでいいのですが、一番新しい書類を利用申請書と一緒に提出しなければなりません。
尚、金融業者に拠っては、収入証明書の提示不要というものがあります。
そして、インターネットで書類を送れるものもあり、これらを利用すると便利です。