カードローンの融資限度額について

カードローンの会社を選ぶ際は、審査やスピード、信頼性など様々な点を考慮すると思います。
そして、中には融資限度額を重視される方もいるのではないでしょうか?
融資限度額とはその名の通り融資可能な金額の上限のことなのですが、カード会社によってその額は異なります。
例えば銀行系は比較的高いと言われていますが、消費者金融系は低いとのことです。
また、総量規制という貸金業法の改正によって、消費者金融系からは年収の3分の1までしか借り入れることができなくなってしまいました。
これは他で借りているものも含めたトータルの額ですので、かなり厳しい縛りだと思います。
逆に銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫等はこの規制の対象外なので、銀行系はこちらでも有利な立場にあるのではないでしょうか?
ちなみに消費者金融系で年収の3分の1を借りていたとしても銀行系で借りることが出来るので、色々と使い分けるのも良いかと思います。
ただし、金融機関は個人の借金を把握することができるので、多重債務の場合は結局借りられなくなる可能性もあるのでご注意下さい。
借入は日々堅実に返済を重ねることで融資限度額をアップさせることが出来ます。
これは金融会社から徐々に信用を得ているということですので、なんとなく誇りを感じるのではないでしょうか?
融資限度額が高くなればより様々なシーンでカードが活躍できますし、さらに金利も下がるので一石二鳥です。
慌てて複数の会社から借りるより、一つの会社でじっくり信頼度を上げていくというのも良いと思います。