カードローンの返済は任意返済を意識的にやろう

カードローンはすぐに現金を手にすることができその手続きも簡単なので、負担を感じなくて良いのですが、いざ、返済になったらリボ払いは非常に長く感じると思います。
毎月一定した金額で返済するので一回の負担感はそうありませんが、いつになったら完済できるのか、といった感覚になるはずです。
カードローンの多くは残高スライドリボ払いで、借入残高に応じて月々の返済金額が決まってきます。
例えば、残高30万円までは月々2万円の返済で、20万円までなら1.5万円、20万円を切ったら月々1万円の返済、といった感じの返済方法です。
このことから分かると思いますが、完済するまでにはかなり長くかかることが容易に想像することができます。
返済金額がだんだん少なくなるということはそれだけ長期になることを意味します。
そんな場合、約定の返済金のほかに任意返済を意識的にして完済を早めてみましょう。
例えば、2万円が約定の返済ならば、その返済は確実にしてそのほか別個に、例えば1万円を同じ月に返済したとします。
約定の2万円の返済金には利息分と元金返済分が含まれていますが、任意返済の1万円はすべて元金に返済されるので、早く少なくなり、そうすると利息計算は日割り計算になるので、借入残高が少なくなれば利息も少なくなります。
完済する為の良い流れになることは間違いありません。
この返済方法を意識的に行って行くと支払い総額は格段に少なくなり、それによって負担感も少なくなるでしょう。