カードローンの魅力と賢い使い方

カードローンの魅力と賢い使い方について説明します。
カードローンの魅力は、目的を指定されない自由に使えるお金を借りられるということと、担保や保証人を必要としないということです。
住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどは使途が限定されているため自由にお金を使うことができません。
遊興に使ってもいいし、生活費に使ってもいい、借りるときに誰かに頭を下げる必要もないというのは大変な魅力です。
この気軽さ、手軽さ、使い勝手の良さは他のローンにはないものです。
コンビニのATMで借りることも返すこともできますし、ネットバンク対応の口座を使えば24時間いつでもどこでも対応可能になります。
気になるのは審査ですが、消費者金融系の業者を使えば、即日審査ですぐにお金を借りることができます。
銀行系は審査は厳しいのですが、消費者金融系よりも利率が低く大きな貸出枠を得ることができます。
自分に合った口座を複数作っておくことをお勧めします。
次にカードローンの賢い使い方を説明します。
ローンで気になるのは何と言っても金利です。
消費者金融系では15~18%、銀行系でも7~9%の金利がかかります。
たとえば消費者金融系で10万円を1年借りたら1万8000円もの金利がかかる計算になります。
同じ額のお金を銀行に預けても、今のゼロ金利の時代ではほとんど利子が付かないことを考えたら、いかに高い金利でお金を借りているかわかるでしょう。
ですから、金利が負担になる長い期間お金を借りることは避けなければなりません。
給料日前にお金を借りて、給料日に1回で返済するというのが賢い使い方になります。
また、ほとんどの業者が繰り上げ返済、リアルタイム返済の機能を用意していますので、使う予定のないお金が手元にあったらすぐにでも返済に回し元本を減らすというのも賢いです。
業者によっては、無利子でお金を貸してくれるキャンペーンをしていますので、それを利用しない手はありません。
たとえばA社から金利18%で50万円を借りているとします。
B社が無利子キャンペーンを1か月しているのならば、すぐにB社から50万円を借りてA社の返済に充てましょう。
A社の金利は月に7500円かかります。
1か月間の金利7500円分を払わずに済ませることができる。
つまり7500円損せずに済むということになります。
このように、キャンペーン情報に着目して利子というものを巧みにコントロールするというのができるのです。
常に経済情勢や金融情勢に関心を払い、キャンペーンを利用するというのは賢い使い方になります。
キャンペーン情報をゲットするには、カードローンに関するまとめサイト、ポータルサイトをチェックするのが一番です。
私は週に1度くらいこれらのサイトを調べて有利なキャンペーンをやっていないか確認しています。
無利子キャンペーンの他に、1度払った金利をキャッシュバックしてくれるキャンペーンや買い物サイトのポイントで還元してくれる場合もあります。