カードローンの 賢い使い方をお伝えします

カードローンの利用申請をしようとインターネットで検索すると、金利の幅が書いてあることに気づくでしょう。
それは、申請した人の信用度・利用目的などから金融業者が審査をして、融資限度額・金利を決められるからです。
この時、融資限度額を高く申請する程、金利が下がる傾向にあります。
ですから、融資限度額が50万円の人が借りる3万円と、融資限度額が800万円の人が借りる3万円では、融資限度額の低い人が借りる3万円の方が返済額が多くなるのです。
さて、融資限度額を高く設定する場合、収入証明書などが要る金融業者が殆どで、サラリーマンなどであれば源泉徴収票、自営業者ならば確定申告書を提示することとなります。
そして、総量規制の関係で、年収の1/3を超過する融資限度額は認められません。
それに、利用目的を明確にしなければならない決まりとなってます。
その際、金利を安くしたいから融資限度額の大きなローンを申請する、こういった理由では審査をパスできる可能性は高くありません。
では、どういった理由がいいかというと、結婚資金・債務をまとめるため・引っ越し資金といったもっともな理由ならば、審査を通過できる可能性があがるでしょう。
ですが、引っ越し資金という理由では、審査が厳しくなる傾向があります。
それは、住所を変わるからであり、申請した住所にいつまで住んでるかが問題となるからです。
また、引っ越しをすると居住年数がゼロになります。
これでは審査が厳しくなるので、とても不利になるのです。
尚、このような面倒はあるものの、高額の融資を受けられるようにしておくと将来的には非常に有利となるので、検討してみて下さい。