カードローンは自由な用途で使えるのがメリット

お金が必要になった時、金融機関に融資を申し込むことが多いものです。
メジャーなものでマイカーローン、住宅ローン、学資ローンなどがありますね。
これらは商品名に用途が入っているように、その用途でお金が必要とする場合だけを対象に融資を実行してもらえるものです。
申込みをする時には用途を伝えて金融機関の審査を待つ必要があります。
申込みの際には用途に使うにあたっての証明書も必要になるでしょう。
これらの融資は金額が大きく一生の買い物レベルになりますから、金融機関のほうも実行には身長になるのはやむを得ません。
一方、もう少し気軽に借りられる方法にカードローンがあります。
同じローンでも融資の性質は全く異なります。
融資の手続きにしてもマイカーローンなどは申込みされた金額をまとめて融資しますが、カードローンはカードを発行しておく手続きをするだけです。
カードを使わなければ融資は発生していないので返済する必要がありません。
そして利用の用途は金融機関のほうから問われないので、自由な用途に使うことができます。
カードを発行しておいて万が一のピンチの際にお金を借りられるようにしておこう、という使い方も可能です。
使い方もATMから限度額以内の範囲で繰り返し使えるので、お金が必要な時にさっと借りることができてとても便利です。
もちろんカードローンも金融機関の審査があります。
便利なだけに人気がありますが、金利の低い銀行の場合は審査が厳しい傾向にあるでしょう。