カードローンを知っておきましょう。

カードローンには、大きく分けて2種類のものが存在していることをご存知でしょうか?
一つは銀行系カードローンです。
こちらは融資限度額が大きく、総量規制(年収3分の1以上の借入ができないように貸金業法によって定められた制度)が対象外であるため、例えば収入のない専業主婦の方でも借入可能なものです。
支払い金利も低く設定されているため、とても人気があるキャッシングと言えます。
ただ一つ難を言えば、審査が若干厳しめで、審査に通るまで時間を要するというところです。
もちろんあらかじめ契約しておいた銀行のローンカードがあれば、すぐにお金を融資してもらえるのですが、そうでない場合、急を要するお金の入り用には審査通過が間に合わない恐れが出てくるでしょう。
このデメリットを補うべく存在しているのが、消費者金融系のカードローンなのです。
こちらは総量規制対象であることと、融資額が小さめなところ、銀行系よりも支払利息が高めに設定されているところがありますが、審査は甘めでスピーディーに行われるため、お金が必要となった当日中に融資されることもあります。
給料日前の金欠なとき、「どうしても欲しいものができた!」「急いで入金しないと手に入らないような商品が現れた!」なんて時に、抜群の力を発揮してくれます。
また、いくら金利が高めに設定されていると言っても、例えば30,000円を5日ぐらいの借り入れ後、すぐに返済すれば、年金利18%で利息はたったの約73円です。
これらのことを知っておくと、いざという時の対処ができて便利だと思いますよ。