カードローンを賢く利用する

カードローンというと何か危険なイメージを抱く人もいるかもしれませんが、病気や冠婚葬祭などで、まとまったお金が必要な際に、質屋にいったりあちこちからかき集めたりする手間がいらず、ATMからすぐに引き出すことができるので、便利です。
自動車の購入や教育資金など、用途が限定されたローンとは異なり、基本的に使い道は自由です。
ただし、用途に制限があるローンと比べると、金利が高めに設定されているのが特徴です。
ですから、もし、自動車を買いたい、新築したいなど、借り入れの目的がはっきりしているなら、それ専用のローンを利用するのが賢明でしょう。
カードローンは、他のローンと異なり、定職についていて、安定した収入があれば、誰でも申し込みができますが、無担保で借りることができるローンなので、審査はそのぶん厳しいといえるでしょう。
といっても、人気ランキング上位を占める業者には、審査に要する時間が最短30分というところもあるので、待たされて困るということはないでしょう。
はじめて利用するときは、万一審査に通らなかった場合のために、2社同時に申し込むのも一つの方法です。
しかし、3社をこえると、多重申込として、相当資金繰りに困っているとみなされ、審査に通過できなくなるので注意しましょう。
カードローンには、通常、限度額の範囲内であれば、再審査なしでいつでもお金を引き出せるというメリットがあります。
しかし、そのために、借金をしているという意識が薄れ、借りたり返したりを何十年も繰り返す人がいるようです。
これは、長い目で見て大きな損失になりますから、利用計画をたて、きちんと返済し終えることが大事です。