カードローン会社の種類

カードローンには、消費者金融系と銀行系のふたつに分かれます。
では、その違いはなんなのでしょうか?
一番大きな違いは、 総量規制の対象かそうでないかになります。
総量規制とは、年収の3分の1以上は借入れすることはできないという貸金業法で定められた法律のことです。
総量規制対象になっている消費者金融系とは反対に、貸金業法ではなく銀行法という法律のもと決められている銀行系カードローンは、 総量規制の対象外となっています。
ですので、収入のない専業主婦の方でもお金を借りることが可能になります。
しかし、実際にお金を借りようとすると、問題になってくるのは審査ですよね。
審査の厳しさには違いはあるのでしょうか?
これは、明確な差は出ていないのですが、大手銀行が運営しているだけあってやはり銀行系は、若干審査が通りにくいことがあるようです。
ですので、カードローンに抵抗がある方は、最初は銀行系のローン会社を利用してみて、審査が難しかったら消費者金融系に挑戦してみる、という方法もありますよ。
どちらも信頼できる会社ですので、利用するのに不安は持たなくて大丈夫です。
とくに、消費者金融系はテレビCMなども最近よく見かけますし、イメージもクリーンなものに変わっていったという方が大変多いですよ。
オペレーターの対応も素晴らしく親切な会社が増えてきたので、心配なこと不安なことがあったら、事前に相談してみるのもいいですね。
きっと、不安を取り除いてくれるはずですよ。