カードローン利用先は慎重に選ぼう

給料日前にまとまったお金が必要になった時、多くの方は貯蓄を切り崩して工面すると思いますが、わざわざそんなことをしなくても消費者金融を始めとする金融機関のカードローンを活用することで解決します。
また旅先でお金が足りなくなった、交通事故による入院費用などいざというときの急な出費に対応するためにも活用できるカードローンですが、人それぞれ必要な金額は異なるため金融機関選びも重要となります。
例えば消費者金融から100万円の融資を受ける場合問題となってくるのが総量規制、これは貸金業者からの借り入れは原則年収の3分の1までと制限される法律のことで、年収300万円以上の方でないと100万円の融資を受けられないということになります。
収入の少ないパート、アルバイトや専業主婦は融資を受けにくい環境となっていますが、そんな方々にオススメなのが総量規制の対象外となっている銀行系のカードローン、返済能力があると判断されれば高額融資も可能ですよ。
消費者金融系、銀行系どちらを利用するにしてもまずは借り入れる目的を明確にし綿密な返済計画を立てること、収支表を付けるなどして自分の返済能力を把握することも大切です。
わざわざ店頭まで行かなくてもインターネットで24時間申し込める、情報収集からすぐに申し込み、審査を受けられるのも魅力的ですよね。
いくら借りるか、借り入れ期間をどのぐらいに設定するかによって消費者金融系、銀行系を使い分けると上手に付き合っていけるでしょう。