カードローン業界の様変わりに驚いています

カードローンというと、それだけで何となく暗いようなイメージがあります。
それはあのグレーゾーンと密接な関係があるのです。
個人向けの融資は、銀行とか消費者金融でなされますが、昔は金利が大変高かったです。
それは、ひとつには縦割り行政の弊害ではないかと考えられます。
もう少し具体的に説明します。
個人向けにお金を融資するカードローンなどを提供する金融会社を規制する法律に貸金業法というのがあります。
お金を人に貸してその期間における金利で利益を得るのが貸金業なんですが、それを管理規制する法律、貸金業法には二種類あります。
利息制限法と出資法の二種類なんです。
西暦2010年に、これら二種類の法律で規制される金利の上限が異なっていたのを20%(年率)に統一しました。
それでやっとグレーゾーンというものが廃止されたのです。
それまでは、個人向け投資に対しても、出資法の上限29.2%を使って金利請求をする金融会社が多かったですね。
グレーゾーンの高金利は、複数の金融会社から借金を重ね、借金が返済出来なくなる多重債務者をたくさん発生させました。
やがてそれが社会問題となり、金融庁が法令を見直して、2010年の法令改定に踏み切ったのです。
この画期的な法令改正以来、個人向けにお金の融資をする金融機関は会社の運営方針を大幅に見直しました。
今では、銀行も消費者金融もお客様第一主義に転じ、貸付金利を出来るだけ押さえる事で顧客の囲い込みを図っています。
カードローンはすっかり明るい雰囲気に生まれ変わりました。