ブラックリストに載ったらカードローンは利用できない?

よく、ブラックリストに一度でも載ってしまったらカードローンは利用できなくなると聞きますが、それは本当なのでしょうか?
答えは、一定期間以上滞納した過去があっても、自己破産した経験があっても、実際には借りることができるのです。
また、ブラックリストという名前で知られている「信用情報機関」に載る事故情報の保存期間が5年から7年なので、それを過ぎたらカードローンを利用できる、というのも事実とは言えません。
ローン会社が申し込み者を信じ、お金を貸そうと決断したのなら、自己破産から1年後でもお金を借りることができるのです。
そこに法律的な縛りはないのですね。
カードローンは信用で成り立っているので、当たり前のことだとも言えます。
個人個人の自己破産の状況や、信頼に足りる対応の仕方によって、借りることができる可能性はありますよ。
そのためには、比較的審査の易しいところに的を絞って新規で申し込んでみるのもひとつの手ですね。
「ダメでもともと」という気持ちで挑戦してみると、案外通るものですよ。
諦めず、申し込んでみてください。
不安ならば、カスタマーセンターに電話を入れ、直接担当者に聞いてみるのもいいですね。
きっと、あなたの力になってくれるはずです。
現在安定した収入があるのならば、お金を借りることができる可能性は上がりますよ。
次、計画的な返済ができさえすればなにも問題はないので、頑張って早期返済を目指していきましょう。