消費者金融系のカードローンとは

消費者金融系のカードローンを利用する際には知っておきたいことがたくさんあります。
まず1つ目が消費者金融ごとに定められている金利についてです。
消費者金融ごとの金利の差はそれほど大きくはありませんが、長期利用した場合数%の違いだけで返済時の負担が大きく変わってくるのでなるべく低金利で有名な消費者金融を選ぶようにしましょう。
消費者金融よりもさらに低金利とされる銀行系のカードローンですが、融資を受けるまでの期間が比較的長くすぐにでも利用したい、まとまったお金が必要という方は消費者金融系がオススメです。
以前の消費者金融のキャッシングサービスは利息制限法で定められた最大金利年20%と出資法で定められた年29.2%の間の金利、いわゆるグレーゾーン金利が大きな問題となっていました。
利息分を払いすぎたことによる過払い金請求など話題となりましたが、現在は出資法の上限金利が利息制限法の水準の20%に引き下げられたため結果としてグレーゾーン金利は廃止されたんです。
このことから以前よりは利用しやすい環境が整えられていると言えますが、あなたの付き合い方次第で毒にも薬にもなるでしょう。
カードローンは基本的に無担保、保証人いらずで利用できる信用貸しという形態をとっているため、返済が滞った場合や、完済不可能と診断された場合あなたに対する信用は一気に失われてしまいます。
そうなると本当に必要になったときにお金を借り入れられないので、無駄な借り入れはしない、必要最小限の借り入れ額に止めるようにしましょう。