自分の限度額っていくら?

いざ、カードローンを利用しようと思ったら、気になるのが自分はいくらまで借りられるのか、ということではないでしょうか?
せっかく借りるのだから、 できれば限度額いっぱいまで借りたいという方も多くいるかと思います。
限度額は個人個人で変わってくるのですが、では、限度額はどうやって設定されるのでしょうか。
まず、年収の1/3以上の金額は借りることができないと法律で決められています。
ですから、個人で限度額も変わってくるのですね。
たとえば、年収が300万円のときは限度額は100万円までとなるので、申し込みの前に一度ご自分の限度額を計算してみましょう。
でも、「もっと借りたい」「これでは足りない」という声もあるかと思います。
では、その限度額は上げられることはできないのでしょうか?
方法はありますよ。
まずは、年収を上げることです。
年収が上がれば限度額も比例して上がるのだから同然ですが、今すぐ、という解決策ではないですよね。
どうしても急ぎで自分の限度額以上のお金が必要であれば、複数カードを所有することで乗り切るというやり方もあります。
自身の「信用を提示する」ことがカードローン会社にできていれば、問題のない使い方ですよ。
信用を得るためには、早期返済をするということです。
計画通りに、延滞なく利用することによって、カードローン会社は、「この人はきちんと借りたお金を返してくれる人だ」と信用するのです。
限度額を上げるために、そうした基本的なことから実行していきましょう。