3つの金融機関のカードローンの選び方

カードローンはコンビニATMでカードを差し込んですぐに借り入れできるし、ネットからも借りたい金額を入力して暗証番号を入力したらすぐに指定の口座に振り込まれます。
融資枠さえ空いていたらいつでも何回でも利用できるし、事業資金以外どの様な目的であってもいいのです。
急にお金が必要になった時に、その有難味が良く分かるでしょう。
そんな便利なカードローンですが、大きく分けて3つの金融機関に分ける事が出来ます。
銀行カード、消費者金融、そして信販系です。
近ごろのカードローンは審査が厳しくて金利が安いと言われていますが、金利の方は相対的に安いかもしれませんが、審査の方は厳しいと言うほどではありません。
他のカードと同じで、属性をもとに審査をして最終的に信用情報機関に紹介してこれまでの申込者の履歴を確認して審査をします。
何もなければ、融資枠については違いがありますが、カードを作れると言う点では3つの金融機関ともそんなに差はないと言えます。
そして、銀行に審査は遅いと言うイメージがありますが、決してそうではありません。
最近では即日融資をうたい文句にしている銀行のカードもあります。
また、総量規制の対象外なので年収の3分の1までと言うような借り入れの規制もありません、やはり信頼できるカードと言えば銀行のカードかも知れません。
消費者金融は何と言っても即日融資です。
ネットでの申し込みは属性を書いて審査を待てば、1分ほどで簡易審査の結果が出ます。
そして30分もしないうちに本審査で、融資枠と金利が決まります。
その時点ですぐに借り入れしたければ、最初だけカードなしで、必要額を振り込んでくれます。
その時にどうしてもカードが欲しければ、無人店舗に行って契約機からカードを受け取れます。
それ以外は郵送になります。
また消費者金融のほとんどが一定期間に内に完済したら、金利をとらない無利息期間があります。
ほとんどはその無利息期間は一回限りですが、何回でも月をまたいだら使えると言うサービスをしている消費者金融もあります。
この仕組みをうまく利用できれば相当に利息面では有利になります。
ただし一回でもその期間を過ぎたらそれは使えなくなります。
クレジットカードのキャッシング枠は一枚のカードにクレジットとキャッシングが付いていて、ものすごく効率的です。
金利や審査の速さでは優位性はありませんが、クレジットカードを作る時に一緒にキャッシング枠も作ると言うのが一般的ではないでしょうか。
ただし、総量規制の対象になるので、考えないで作った場合、新規のカードローンがそれによって作れなくなるかも知れないことに気を付けましょう。
この3つの金融機関のカードローンはそれぞれ特徴を持っています。
共通している点はすべてネットで申し込みできるし、ネットでキャッシングもできます。
またコンビニATMが使えて、そこから返済もできるので、利便性に差はありません。
カードを作る時、自分に合った特徴は何なのかを良く考えて作った方が良いのではないでしょうか。