カードローンは自由な用途で使えるのがメリット

お金が必要になった時、金融機関に融資を申し込むことが多いものです。
メジャーなものでマイカーローン、住宅ローン、学資ローンなどがありますね。
これらは商品名に用途が入っているように、その用途でお金が必要とする場合だけを対象に融資を実行してもらえるものです。
申込みをする時には用途を伝えて金融機関の審査を待つ必要があります。
申込みの際には用途に使うにあたっての証明書も必要になるでしょう。
これらの融資は金額が大きく一生の買い物レベルになりますから、金融機関のほうも実行には身長になるのはやむを得ません。
一方、もう少し気軽に借りられる方法にカードローンがあります。
同じローンでも融資の性質は全く異なります。
融資の手続きにしてもマイカーローンなどは申込みされた金額をまとめて融資しますが、カードローンはカードを発行しておく手続きをするだけです。
カードを使わなければ融資は発生していないので返済する必要がありません。
そして利用の用途は金融機関のほうから問われないので、自由な用途に使うことができます。
カードを発行しておいて万が一のピンチの際にお金を借りられるようにしておこう、という使い方も可能です。
使い方もATMから限度額以内の範囲で繰り返し使えるので、お金が必要な時にさっと借りることができてとても便利です。
もちろんカードローンも金融機関の審査があります。
便利なだけに人気がありますが、金利の低い銀行の場合は審査が厳しい傾向にあるでしょう。

カードローンって怖い?

カードローンというのは一度使うとクセになってしまい、そこからズルズルと借金まみれの生活に転がり落ちてしまいそうだから、どんな事があっても絶対に使いたくないと仰る方が、世の中には結構いらっしゃいます。
確かに一部にはそういった方もおられるのは紛れもない事実なのですが、大多数の皆さんがキッチリと利息をなるべく払わずに済むように自分なりのプランをしっかりと立てて利用されておられるので、マスコミなどが必要以上に多重債務に陥る危険性をクローズアップしているために、社会的にカードローンにネガティブなイメージが作り上げられているように感じます。
かく言う僕自身も現在、給料日前などに生活費や交際費が不足してしまった場合には利用して、給料が振り込まれた後にすぐ返済するといった使い方をしていますが、特にマスコミなどで言われているような怖い経験をした事は今までに一度もありませんよ。
そもそも人間というのは防衛本能というのが生まれつき誰にでも備わっていて「コレ以上やってしまうと大変な事になる」と思ってしまうと、いくらそうしようと思っても絶対に出来ないものなのです。
なお僕がコレまでにカードローンを利用して借りた上限額は10万円なのですが、自分の現在の収入を考えるとコレ以上大きな額を借金してしまうと多重債務に陥る危険性が十分あるなと感じてしまいますので、どんなに困っていても10万円以上のお金を借りようとは絶対に思えません。

主婦でもカードローンは作られるの?

生活するうえで困るのが、突然の出費なのではないでしょうか?
1ヵ月に何件も葬儀や結婚式が重なってしまうと、慶弔費もそれなりの大金になってしまいますよね。
貯金を崩すのは気が引けたり、自由に使えるお金がない月があったりすると、困るのがお金の工面です。
夫には言いづらかったり、お金がないと言うとやりくりができていないと思われるのが嫌だという理由で、最近では主婦の方のカードローン利用が増えているようです。
気になるのが収入のない専業主婦でもお金を借りることができるのかどうかですが、専業主婦の方でも今は利用できるカードローンはたくさんありますよ。
まったく収入のない方の場合ですと、消費者金融会社からお金を借りる場合、夫の同意書や収入証明書などの書類を提示というのを提出しなければなりません。
夫に内緒で借りたい場合は、それらの書類がいらない銀行系のカードローンを使いますと知られずに使うことができますよ。
急いでいる方ならば、即日融資ができるところを利用するのがおすすめです。
スムーズな申し込みができるように、前もって必要なものは何かなどホームページなど確認しておくのがいいでしょう。
また、最近では女性の方向けのカードも出てきているので、はじめてで不安があるという方は、このようなサービスを受けるのもおすすめですよ。
このときも、不安なことなどがあれば気軽に電話で聞いてみましょう。
オペレーターの方が親切に相談に対応してくれますよ。

カードローンを知ろう

そもそもカードローンというのはなんでしょうか?
銀行や信販会社など金融企業の発行するカードを利用して設定された上限までのローンを組むことを言います。
銀行やコンビニにあるATMで気軽にキャッシングができ、また気軽に返済ができる仕組みです。
平たく言ってしまえば「借金」ですので、返済までに利息も付きます。
日常的に気軽に借りられるからこそ、自分で気を付けて利用しないとなりません。
しかしながら、カードローンも上手に利用すると意外と便利なものです。
今でこそ増えているネットバンキングを持っている人は、ATMの時間外手数料に困らされる人も少なくなってきているかもしれませんが、まだまだ時間外手数料をかけて引き出している人もいます。
そういった人はどうでしょう。
たとえば、週末前にお金を引き出し忘れたから1万円を引き出すために時間外手数料105円や210円を支払った人がいるとします。
こんなときキャッシング機能がついたクレジットカードをお持ちではないですか?
たとえば、年利15%程度のカードローンだとして、金曜日に1万円キャッシングするとします。
月曜日に銀行の営業時間(手数料のかからない時間)に1万円をおろして、金曜日に借りたキャッシングの返済をしましょう。
すると数十円の利息しかつきません。
1万円の利子15%は1500円ですが、これは1年間借りたままの場合の利子です。
1500円を365日で割って、借りた日数分の利子を返済するわけですから、返す日数によっては銀行の手数料より安くなる場合があります。
気を付けないといけないのは、返済ができるATMがないタイプのカードがあること(引き落としまでに1~2か月分の利子を取られてしまいます)、年利の設定が高いカードがあることです(利子が高くなります)。
使い方さえ覚えれば便利なものですので、ぜひ一度自分が持っているカードの設定を確認してみてください。

カードローンの審査基準を確認して利用する

急にお金が必要になった時には、手持ちにない場合、カードローンを利用してみましょう。
こちらを利用するメリットとして、何よりも審査が早いと言うところがあります。
即日融資も可能となっていますから、いざと言う時に頼りになるカードです。
現金を即日融資していただけるのは、本当に困った時に救世主のような存在だと思います。
いざ利用したいと思っている方の中には、審査の内容はどのようなものか気になっている方もいらっしゃるでしょう。
各会社によって、その審査基準や内容に相違があります。
しかし、大まかな審査基準や内容を把握することにより、いざ利用する時、審査をスムーズに通ることが可能です。
まず、新規申込の場合は良いのですが、過去に利用した事がある方は、延滞及び債務整理などを行っていないのか確認しましょう。
もしも、延滞や債務整理を行っていたのなら、信用がないと言うことで、審査に通ることは難しいです。
会社も、返済能力と言う点を最も重視しています。
しっかりと返済できる方に融資を行いますから、この点は必ず確認しましょう。
さらに、他社での利用も確認します。
他社で延滞していても、返済能力がないとみなされるのです。
勤続年数なども長いほうが信用があるとみなされます。
最終的には、在籍確認を行い、審査完了となりますので、自宅や会社へ確認されることも把握しておきましょう。
これらが、審査の基準や内容となっていますので、事前に確認をしておくと審査も安心です。

気軽に作れるカードローン

昔はお金を借りるというのは大変なことでした。
銀行でお金を借りるには、
たくさんの書類を用意して融資してもらえるように工夫しなければならなかったからです。
今は消費者金融だけでなく、
銀行もわりと手軽にお金を借りられる場所になっています。
一度審査に通ればいつでも手軽に利用できるカードローンも、
今は銀行でも積極的に顧客を増やそうとしているようです。
カードローンを利用するのはとても簡単なものです。
店頭かWEBサイト、それに郵送や電話など、自分の好きな方法で申込めばいいだけです。
もしもWEBサイトから申し込むとしたら、
審査が通ったならネットバンクに送金してもらうことで、
まったく誰にも会うことなく誰にも知られずに融資してもらうことができます。
ただ総量規制という制度があり、年収の3分の1以上の借入があると利用できません。
それと、過去の金融事故や債務整理をしていると、
その情報が個人信用情報に記録されるので融資が受けられなくなることもあります。
それ以外の方で安定した収入がある方なら、
パートやアルバイト、派遣社員や自営業の方でもほとんどの場合利用数ことが可能です。
自分はダメかもしれないと思わないで、
ダメでもともとくらいの気持ちで申込んでみてはいかがでしょうか。
審査に通れば後は審査の必要なく、
限度枠ないならいつでも融資をしてもらえるので便利です。
提携ATMはどこにでもありますから現金を引き出すのに苦労することはないでしょう。

消費者金融系のカードローンとは

消費者金融系のカードローンを利用する際には知っておきたいことがたくさんあります。
まず1つ目が消費者金融ごとに定められている金利についてです。
消費者金融ごとの金利の差はそれほど大きくはありませんが、長期利用した場合数%の違いだけで返済時の負担が大きく変わってくるのでなるべく低金利で有名な消費者金融を選ぶようにしましょう。
消費者金融よりもさらに低金利とされる銀行系のカードローンですが、融資を受けるまでの期間が比較的長くすぐにでも利用したい、まとまったお金が必要という方は消費者金融系がオススメです。
以前の消費者金融のキャッシングサービスは利息制限法で定められた最大金利年20%と出資法で定められた年29.2%の間の金利、いわゆるグレーゾーン金利が大きな問題となっていました。
利息分を払いすぎたことによる過払い金請求など話題となりましたが、現在は出資法の上限金利が利息制限法の水準の20%に引き下げられたため結果としてグレーゾーン金利は廃止されたんです。
このことから以前よりは利用しやすい環境が整えられていると言えますが、あなたの付き合い方次第で毒にも薬にもなるでしょう。
カードローンは基本的に無担保、保証人いらずで利用できる信用貸しという形態をとっているため、返済が滞った場合や、完済不可能と診断された場合あなたに対する信用は一気に失われてしまいます。
そうなると本当に必要になったときにお金を借り入れられないので、無駄な借り入れはしない、必要最小限の借り入れ額に止めるようにしましょう。

意外にお得なカードローン

カードローンには使用目的を限定しないフリーローンです。
申し込んで一度審査に通れば、
後は設定された限度額内なら何度でも利用することができます。
審査に通過すればカードは店頭で渡されるか郵送で届けられますから、
そのカードを利用して提携ATMで引き出せばいいだけです。
このカードには年会費や入会料などは必要ありませんから、
まさかの時に現金を用立てられるように1枚持っておくと安心できます。
カードを持っておくための費用などはないのですから、
お財布の中に1枚に入れておくと急にお金が必要になった時に便利です。
例えば、土日に急に出かけるようになりお金が必要になったという時も、
コンビニやスーパーの提携ATMですぐに引き出すことができます。
しかも、自分の口座から現金を引き出すには手数料がかかりますが、
カードローンでお金を引き出すのなら手数料はかかりません。
月曜日に返済してしまえば、
銀行口座から現金を引き出して手数料を引かれるよりずっとお得です。
こんな便利なものですが、
便利だからと言って使いすぎてはいけません。
提携ATMからお金を引き出すといっても、
自分のお金ではなく借入しているのだということを忘れないようにしましょう。
借りたお金は金利を足して返済しなければなりません。
限度額いっぱいまで使ってしまうとまさかの時に使えなくなりますし、
金利の支払いもばかにならない金額になってしまいます。
そうならないように計画的に利用しましょう。

私のカードローンの使いk他

私のカードローンの使い方を紹介します。
まず第一にクレジットカードの支払日から次の給料日までのつなぎです。
給料日の方が早ければいいのですが、あいにくカードの支払日の方が先に来るので、ローンで借りてクレカの支払いを済ませます。
数日後の給料日に入ったお金でローンの方を返済します。
次に、借り換えにも使います。
一か月のうちに一週間無利子というローンがあるので、そこでお金を借りて、有利子のローンの返済に充てています。
この間は利子の支払いが止まる形になるので大変お得に使っています。
また、この一週間無利子という期間を活用して、株主優待を取っています。
権利付最終日に現物株を買って持ち越すと株主優待が得られます。
この時の資金としてカードローンで借りたお金を使っています。
現物の買いと信用の売りと組み合わせて、翌日の権利落ち日に現渡しという方法で精算したら、株価の変動の影響を受けずに株主優待の権利だけを得ることができます。
クロス取引という手法ですが、資金力がないと難しいため、ローンで借りた資金を使って実現しています。
株主優待で得た品物を、お金に換算すると年利2%くらいになると思います。
多い月には総額200万程度の優待取りに使っているため、年利2%だと1年で4万円程度は儲かっている計算になります。
無利子の資金を使っての優待取りは、無から有を生むお金の活用法と思い、ことの他、気に入っています。
お金は借りてでも上手に使うというのが消費税8%時代を生きるコツと思います。

カードローンの 返済の話

カードローンの返済方法ですが、銀行系であればATMを使って返済する・銀行振込・口座振替で返済する、このいずれかの方法をとります。
そして、信販系・消費者金融系であれば、提携企業のATMを利用する・銀行振込・自動引き落とし・コンビニエンスストアから返済する、以上の中から便利な方法で返済して行くのです。
さて、金融業者に拠っては、返済日が近づけばメールで報せてくれる業者があります。
このサービスを受ければ、返済し忘れることがないでしょう。
融資を受けたならば、なるべく早く返済した方がいいのです。
何故かというと、時間がたつ程利息が増えてしまうからで、お金に余裕ができたら返済する・繰り上げ返済をすると、利息を抑えることができます。
ところで、消費者金融業者の行ってる利息なしのキャンペーンなどの場合、キャンペーン期間を過ぎても返済してなければ、利息が高くなってしまうことがあるのです。
それに、無利息キャンペーンで気楽に借りた場合、返済を忘れてしまうこともあります。
充分な注意が必要です。
この点へ注意すれば、無利息で融資を受けられるというのは、非常にお得でしょう。
しかし、予定外のことが起きたりして返済が遅れそうな時は、連絡を怠らない・他の金融業者から借り入れて返済する、こういうことをしてはいけません。
それは、個人信用情報へキズがつくからです。
個人情報へキズがつくと、新規の融資を受けられなくなる場合があります。
何の得にもならないので、以上の点へは充分注意して下さい。